本業

【今の仕事、好きですか?】今の仕事をつづけるべき?

このまるごまブログのテーマでもある

副業。

わたしが副業をしているということは、

本業の仕事が好きじゃないのでは?

と思う方が多いかなと思います。

今回は、わたしが本業の仕事に

対してどう思っているのか、

それについて語ってみよう思います。

好きか、嫌いか

好きです!!

ブログは結論を引っ張らず

とっとと書く。

(最近覚えました!笑)

そもそも本業は何かというと

金属加工業の営業職をやっています。

ボルトのような金属製品を

金属の材料から削り出して

製作する、そんな仕事です。

「下町ロケット」を見たことある方は

それだと思ってください。

その理由は・・・

本業が好きだと

言い切る理由は、

  1. 会社の人間がまとも
  2. 定時で帰れる
  3. コミュ力が成長する

この3つのうち今回は

  1. 会社の人間が人としてまとも

について少し深く語ろうかと思います。

「人として」の部分

仕事が嫌いな方によくある

上司が理不尽

とか

職場の人間関係がストレス。

これがあったら心の壁を作るようになります。

エヴァンゲリオンのシンジくんです。

「そうやって逃げていいの?」

と自分を責める人はうつ病など

体を壊すでしょう。

私の母がそれで長いことうつ病です。

真面目なもので・・・

心の壁は人の本能的な防御反応です。

自分の体を守りたいのです。

人の体は病気を作ってまで

逃げようとするのです。

悪いストレスからは徹底的に遠ざかるべき。

自分のことを世界で一番大事にする

それが不得意だ、っていう方に

それができるようになる

とんでもないオンラインサロンがあるので

URLを貼っておきますので

ご興味のある方は見てみてください。

鴨頭明子さんの「お花畑サロン」

鴨頭明子さんの 「お花畑サロン」

https://camp-fire.jp/projects/242965/widget?v2=true

さて、話を戻します!!

わたしの会社の人間がまともだと

感じる理由についてです。

見てくれてる上司の存在

皆さんの職場にはいますか?

自分の「日頃」を

ちゃんと見てくれている上司。

日頃の頑張りをろくに

みてくれてない上司には、

褒められても、叱られても、

ムカつくものです。

「お、よくやった!頑張ればできるじゃないか!」

→「あなたの手柄みたいに言うな。こちとら毎日頑張っとるわ!」

「だから言ったじゃないか!なにミスしてんだ!」

→「うるせえ!日頃何も見てくれてないくせに!」

褒め言葉も、叱り言葉も

受け取ることができませんよね。

でも普段から自分の努力する姿を

ちゃんと見てくれている上司だと、

褒められたら最高に嬉しいですし、

叱られたらちゃんと聞こうと思います。

目立たないところで

黙々と頑張っている自分の姿を

見てくれている上司がいる。

これがわたしが仕事が好きな

理由の一番大きな要素です。

見てくれてるってわかるから、

視界に上司がいなくても

「心地いい目線」を常に感じて

自分を部下ができたら

こう感じてもらえるような

上司になろうと思います。