副業

【副業ばなし⑥】ついに自分ブランドでAmazonに出品!がしかし、アレ?これ利益出てなくね?

  1. 自分ブランドを作ったのは大正解!
  2. でもコストが重くのし掛かる
  3. 資金に見合わない仕入れ方、全然回転しない

自分ブランドを作ったのは大正解!

ブランド申請にはいくつか手順があります。

詳しいノウハウはここでは書きませんが、

ブランド作成は誰でもできることです。

自分だけのページとなれば

価格・商品画像・商品説明分

全て自分で決めることができます。

これなら売れる商品ページに

仕立て上げることができれば

安定した利益を上げられます。

ライバルとの価格競争という

不確定要素を排除できるので、

堅実な売り方と言えます。

でもコストが重くのし掛かる

私が入会した講座では

講師指定のリサーチツールを使います。

なかなか高額です。

その他にもかかる毎月の費用をまとめると

このようになります。

毎月固定でかかる費用

  • 「リサーチツール」費用
  • 「輸入代行業者サービス」費用
  • 「Amazon大口出品者」費用

合計 34890円

他にも販売促進のためにかかる費用があります。

これらは固定ではありませんが、

販売にあたってはその都度

かかってくる費用です。

「商品画像の外注」費用

「SEO対策」費用

「広告」費用

などです。

とにもかくにも

毎月最低35000円の利益を

上げなければやってる意味がない。

怯むわけにはいきません。

要はそれだけの商品を見つけて

売ればいいだけの話です。

初めのうちの出費は耐えるしかない。

そう考えて毎日頑張りました。

資金が足りない、全然回転させられない

では35000円の利益を出すために、

仕入れにいくら使う必要が

あるのでしょうか?

中国輸入といえば

「粗利で利益率70以上%!」なんてのは

よく使われる謳い文句です。

これ自体は真実です。

でも本当に気になるのは

純利益率はどれくらいなの?

ということですよね。

かかる全ての経費を差っ引くと

感覚的に20%前後という印象です。

経費というと下記のようなものがかかります。

  • 輸入代行手数料
  • 中国国内の送料
  • 国際送料
  • 日本国内の送料
  • 関税
  • amazon販売手数料
  • FBA手数料(アマゾン倉庫を使うと発生)

ともかく純利益率が20%とすると、

10万円仕入れて、2万円の純利益

これなら悪くない話ですよね。

結構簡単そう。すぐ金が貯まっていきそう。

じゃあ私の目標

純利益を毎月3.5万円上げる

設定で換算すると

17.5万円分を仕入れる計算です。

ここにビギナーがはまる落とし穴がありました。

仕入れたものは、いつ売れる?

答えは「売り出してみないと分からない」です。

これはビジネスにおける「回転」という概念です。

そんなこともわからずに

副業やり始めたのかよ!と言われそうですが、

会社員しかやってこなかった

商売のど素人の私はこんなことも

実際にやるまで気づけませんでした。

振り返ればとってもいい経験です。

仕入れて出品したのはいいけど、

売れるまで、負債です。

先ほどの話に戻りますが、

「10万円仕入れて、2万円の純利益」

大切なことは

これが実現する日はいつなのか。

1ヶ月後? 6ヶ月後? 12ヶ月後?

「回転率」は

ビジネス継続で最も肝心な

要素のひとつと言えるでしょう。

私は副業に使える軍資金を

30万円用意して始めました。

30万円を使い切ったものの

資金回収が追いつかなくなりました。

資金ショートです。

資金が尽きては

新しい商品をリサーチしても

仕入れられませんから無意味です。

毎月ビジネスを回転させ続けるには、

それに見合った体力(軍資金)が

予め必要なのだと知りました。

続く。

(あと少しで終わります!)